子どもが不登校になる原因には、家庭環境や親の性格が深く関係しています。

この記事では、子どもが不登校になりやすい家庭の特徴や親の性格、さらにそれに対する対策について解説します。不登校のサインを見逃さないためのポイントにもふれていますので、家庭や学校で役立つ情報が満載です。

安心して子どもが成長できる環境を整えるためには、どうしたらよいのかをお伝えしていきます。

不登校になりやすい家庭環境になっていないか知りたい人には必見の内容です。「子どものために」と思ってしていたことが、子どもにプレッシャーを感じさせている場合もあります。

子どもが不登校になりにくい家庭環境を築きたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

子どもが不登校になりやすい家庭の特徴

子どもの不登校は、さまざまな要因が絡み合っていることが多いです。

家庭環境が影響を与えることも多く、実際、文部科学省がおこなった調査では、「家庭に係る状況」が11.6%という結果が出ています。9人に1人が家庭環境が原因で不登校になっています。

また、同調査で、もっとも多い不登校の理由「無気力、不安」は51.8%でしたが、無気力さや不安には、家庭環境が影響している恐れがあるため、家庭環境はとても重要だといえるでしょう。

参考:令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果概要 

この章では、不登校になりやすい家庭の特徴を紹介します。

  • 経済的に不安定
  • 家庭内でのコミュニケーション不足
  • ゲーム依存やSNS依存
  • 不規則な生活リズム
  • 極端な放任
  • 過剰な干渉
  • 両親の仲が悪い
  • 家庭環境の急激な変化

それぞれ解説していきます。

 

経済的に不安定

家庭の経済状況は子どもの心理状態に大きく影響します。

経済的に安定している家庭では、教育や趣味、習い事などに十分に資金を投じることができ、子どもの好奇心や学びたい気持ちをサポートする環境が整いやすいです。

一方で、経済的に不安定な家庭では、子育ての環境が制限されることが多く、親のストレスや不安も子どもに伝わりやすいです。

不安定な経済状況では、子どもが新しい服や持ち物を買ってもらえなかったり、習い事に行けなかったりすることがあり、これがコンプレックスになり自信を失う原因となる場合があります。

経済的な問題に対処することは簡単ではありませんが、少なくとも家庭内のあたたかい雰囲気を維持し、子どもが安心感を持てるよう配慮することが重要です。

 

家庭内でのコミュニケーション不足

家庭内でのコミュニケーションが不足すると、子どもは自分の気持ちや悩みを誰にも話せず、孤立感を抱えやすくなります。特に思春期になると、学校での人間関係や学業のストレスが増加するため、親とのコミュニケーションの重要性は一層高まります。

親が忙しかったり、子どもが話しかけても真剣に聞いてくれない場合、子どもは次第に話すことを諦め、内向的になっていくことがあります。

コミュニケーション不足は、子どもの自己肯定感を低下させたり、学校での出来事や悩みを抱え込んでしまう原因となります。この状態が続くと、学校に行くこと自体が苦痛になり、不登校へと発展する恐れもあります。

家庭内でのコミュニケーションを改善するためには、まず親自身が子どもの話をじっくり聞く姿勢を持つこと、お互いの気持ちや意見を尊重し合う環境を作ることが大切です。

日常的に小さな「ありがとう」や「お疲れ様」といった感謝の言葉を交わすことも、家庭内の雰囲気をよくする一歩となります。

 

ゲーム依存やSNS依存

ゲーム依存やSNS依存も、現代の子どもたちの不登校の原因となる大きな要因の一つです。ゲームやSNSは、時間を忘れるほどの没入体験を提供し、一度依存してしまうと抜け出すのが難しいです。

依存が深刻になると、夜遅くまでゲームをしたり、SNSをチェックし続けたりすることで、睡眠不足に陥ります。そして、朝起きるのが辛くなり、学校に行きたくないと感じるかもしれません。

親としては、まず子どものゲームやSNSの利用時間を適切に制限することが重要です。

SNSやゲームをただ制限するだけでなく、代わりに健康的な趣味や活動を提案することも大切です。たとえばスポーツやアート、読書など、子どもが興味を持つ活動に誘導することで、依存状態を緩和できます。

 

不規則な生活リズム

生活リズムが不規則な家庭では、子どもが疲れやすくなり、学校への出席意欲を失うことがあります。特に睡眠不足は精神的および身体的な健康に大きな影響を及ぼし、集中力の低下やイライラ感の増加、不安感の増大などを引き起こします。

夜型生活が習慣化すると、朝起きることが苦痛になり、学校へ行く気力が湧かなくなることがあります。

生活リズムを整えるためには、まず規則正しい睡眠スケジュールを確立することが重要です。特に成長期の子どもにとっては、十分な睡眠が不可欠です。夜10時には就寝し、朝6〜7時に起きるなど、固定したスケジュールを守るようにしましょう。

また、就寝前にはスマートフォンやゲーム、テレビなどの刺激を避け、リラックスできる環境を整えることが求められます。

家庭全体で生活リズムの改善を目指すことで、子どももより健康的で安定した日常を送ることができるでしょう。

 

極端な放任

極端な放任も、子どもが不登校になりやすい要因の一つです。放任されて育つと、子どもは自己管理や自己規律を学ぶ機会が少なく、不安定な生活を送ることが多くなります。

親が子どもに対して無関心であると感じると、子どもは愛情不足を感じて、自己肯定感が低くなりやすく、自信を持つのが難しくなります。結果、学校生活に対するモチベーションが低下し、不登校のリスクが高まります。

放任が及ぼす影響は、勉強だけでなく、友人関係や部活動にも広がります。誰も自分に注意を払っていないと感じると、子どもは「どうせ誰も気にしない」という思考に陥り、自分の行動に責任を持たなくなります。これが長引くと、引きこもりや無気力、社会不安につながることも考えられます。

放任する代わりに、適度な関与を保ちましょう。愛情を持って子どもの生活に興味を持ち、良いことをしたときにはしっかりと褒め、困っているときには相談に乗る姿勢を示すことが大切です。

 

過剰な干渉

逆に、過剰な干渉もまた子どもが不登校になりやすい原因です。過度な干渉とは、親が子どもの一挙一動を監視し、すべての決定を代わりにおこなう状態を指します。

このような環境では、子どもは自主性や自己決定力を失い、自分の意見や判断を表現できなくなります。結果として、自信を持つことが難しくなり、不安やストレスが増加する傾向が見られます。

また、親が友人関係にまで口を出すと、子どもは自己表現や人間関係の構築に失敗しやすくなります。これが原因で学校でのストレスが増え、不登校に至ることもあります。

過干渉を避けるためには、まず親が子どもの自主性を尊重する姿勢を持つことが重要です。親は助けが必要なときにのみ介入し、あくまでサポート役に回ることが望ましいです。

 

両親の仲が悪い

両親の仲が悪い家庭も要注意です。両親がいつもけんかばかりしている家庭は、子どもにとって安全な場所ではなくなります。

両親の仲が悪く、離婚にまで至った場合、子どもはより強いストレスを感じる恐れがあります。

また、ストレスから不登校になる恐れもあります。子どもの成長のためにもパートナーとの関係には気をつけましょう。または、子どもがいる前では夫婦げんかをしないようにしましょう。

 

家庭環境の急激な変化

家庭環境の急激な変化も不登校の原因になります。

家族の別居や急死、親の転職、引っ越しに伴う転校などによって、子どもは大きなストレスを感じることがあります。家庭環境が変化すると親も強いストレスを受けて、子どもに厳しく接するようになるかもしれません。

その結果、子どもは精神的に疲れて不登校になる恐れがあります。

家庭環境に急激な変化があった場合は、子どもの様子をよく観察して、必要な場合はケアをしてあげましょう。また、親もストレスを発散するようにしましょう。

 

子どもが不登校になりやすい親の性格の特徴

子どもが不登校になりやすい親の性格の特徴

親の性格も不登校の大きな要因となり得ます。

この章では、子どもが不登校になりやすいとされる親の性格の特徴について詳しく解説します。

  • 完ぺき主義
  • ストレスを抱えやすい
  • 感情的に不安定
  • 共感力が低い
  • 利己的な考え

親自身が自分の性格を見直すことで、子どもの不登校を予防する手助けになるでしょう。

 

完ぺき主義

完ぺき主義の親は、自分自身に対しても子どもに対しても高い期待を抱きがちです。日常生活での細かな事柄にも厳しい基準を設けることが多く、子どもに対しても「ミスをしてはいけない」「常に最高の結果を出さなければならない」というプレッシャーを与えてしまいます。

すると、子どもは「失敗してはいけない」ストレスや不安を感じやすくなり、自分の感情や失敗を表現する機会が減少します。結果として、学校に行くこと自体が大きな負担となり、不登校につながる可能性があります。

完ぺき主義の親は、柔軟性を持ち、子どもの感情や失敗を受け入れる姿勢を心掛けることが大切です。教育熱心は悪いことではありませんが、子どもの気持ちも確認するようにしましょう。

 

ストレスを抱えやすい

ストレスを抱えやすい親は、仕事や家庭生活でのストレスが溜まると、子どもに対してイライラしてしまったり、感情的になってしまったりすることがあるかもしれません。

このような環境では、子どもは親の気分に敏感になり、自分自身もストレスを感じるようになります。

子どもが家庭で安心して過ごせない場合、学校もまた安心できる場所ではなくなり、不登校になるリスクが高まります。親自身がストレス管理を見直し、リラクゼーション方法を取り入れることが重要です。

 

感情的に不安定

感情的に不安定な親は、日常生活の中で突然感情が爆発したり、気分が急に変わったりすることがあります。

子どもは常に親の気分や反応を常に気にしなければならず、安心して自分の感情を表現できない状況に陥りがちです。心配性になる場合もあるでしょう。子どもが学校でも同じように緊張感を持ち続け、不登校になるリスクが高まります。

感情的に安定した環境を提供するために、親が自己管理やカウンセリングを受けることを検討するのも一つの方法です。

 

共感力が低い

共感力の低い親は、子どもの感情や考えを理解し受け入れることが難しいことがあります。

その結果、子どもは自分の気持ちを親に伝えられず、孤立感を感じることが多くなります。子どもは「話してもどうせわかってくれない」と自身の問題や悩みを一人で抱え込み、学校生活でも信頼できる大人や友人とつながりを持つことが難しくなります。

結果、子どもは学校に行く意味を見いだせなくなり、不登校になるリスクが高まります。親は積極的に子どもの気持ちを聞き、理解しようとする努力をすることが求められます。

 

利己的な考え

利己的な考えを持つ親は、自分の都合や欲望を優先しがちで、子どものニーズや感情を無視することがあります。

たとえば、親が自分の仕事や趣味を優先しすぎて、子どもとの時間を十分に取らない場合、子どもは孤独感や不安を感じることが多くなります。

また、親が自分の価値観や考えを押し付けるような場合、子どもは自分の意見や感情を尊重されていないと感じ、それがストレスや不信感の原因となります。

このような家庭環境では、子どもは学校生活でも自己表現が難しくなり、不登校になるリスクが高まります。または親に仕返しする意味を込めて、不登校になる場合もあるかもしれません。

親は子どもの立場に立ち、子どもの気持ちや意見を尊重する姿勢を持つことが大切です。

 

子どもが不登校になるサイン

子どもが不登校になるサイン

子どもが不登校になる前には、いくつかの特徴的なサインが見られることがあります。

これらのサインを早期に見つけることで、事前に対策をとることが可能です。

  • 暗い顔が増える
  • 家での機嫌が悪い
  • 学校や友達の話題を出さない

それぞれ解説していきます。

 

暗い顔が増える

子どもが普段と比べて暗い表情を見せることが多くなった場合、それは不登校のサインの一つと考えられます。笑顔が減り、目に力がなくなることも特徴です。

親としては、子どもが何に悩んでいるのか、何が原因でそのような表情を見せるのかを理解することが重要です。

 

家での機嫌が悪い

家庭内で子どもの機嫌が突然悪くなったり、情緒が不安定になることも不登校のサインです。たとえば、小さなことに対して感情的に反応し、怒りっぽくなったり、泣き出したりすることが増えることがあります。

また、無口になったり、自室にこもる時間が長くなったりすることも見受けられるでしょう。

 

学校や友達の話題を出さない

学校や友達についてほとんど話さなくなった場合、それも不登校のサインの一つです。普段であれば学校での出来事や友人との話題が自然に出てくるものですが、それが完全になくなった場合、何かしらの問題を抱えている恐れがあります。

特に、話題を避けるような様子が見られる場合は要注意です。

これらのサインが見られた場合は、子どもと会話をして悩みを聞くことが重要です。詳しい方法は次の章で解説します。

 

不登校の予防と対策方法

不登校の予防と対策方法

不登校の予防や対策方法には、以下のものがあります。

  • 家庭を安全な場にする
  • 子どもと会話をする
  • 学校と連携をとる
  • フリースクールを活用する

すべてに取り組む必要はありません。できそうなものから試していきましょう。

 

家庭を安全な場にする

家庭を子どもにとって安全な場所にすることが大切です。子どもが帰宅した際に、「おかえりなさい」と言って、受け入れられている感覚を持てるような雰囲気を作りましょう。

できるだけ、朝食や夕食を一緒に食べたり、休日はイベントに出かけたり、定期的に家族で楽しい時間を過ごしましょう。

すると、子どもも「大切にされている」と感じやすくなります。ただし、過干渉になりすぎないことも大切なので、子どもに一人で過ごす時間も作ってあげましょう。

 

子どもと会話をする

日常の中で積極的に子どもとの会話を持つことは非常に重要です。食事の時間や学校から帰宅した後など、リラックスした環境で子どもの話に耳を傾けるよう心がけましょう。

「今日はどうだった?」「最近何か変わったことはある?」などのオープンな質問を使うことで、より多くの情報を引き出しやすくなります。また、子どもの意見や感じたことを否定せず、共感を示すことで、子どもが安心して話せる環境を作ります。

普段から「何かつらいことがあったら、私たちは味方だから話してね」と伝えておくと、トラブルにあったときも子どもは悩みを話しやすくなります。

 

学校と連携をとる

学校との連携は不登校の予防と対策において非常に重要です。子どもが学校での生活でどのような状況にあるのかを理解するためには、教師との定期的なコミュニケーションが欠かせません。

学校行事や保護者会などの機会を活用し、教師や他の保護者と意見交換をおこなうことも有益です。

もしも困ったことがあれば早めに学校に相談し、一緒に解決策を考える姿勢が大切です。学校と協力することで、子どもの成長にとってより安全な環境を作りやすくなります。

 

フリースクールを活用する

最寄りの学校が合わずに「どうしても行きたくない」と子どもが思う場合もあるかもしれません。もしも不登校になった場合は、フリースクールを活用するのも選択肢の一つです。

フリースクールは、さまざまな理由で学校に通えなくなった子どもたちが通う教育機関です。

環境を変えることで、不登校を改善できる可能性が高まります。実際、フリースクールへの通学により多くの子どもが不登校を改善しています。

フリースクールを選ぶ際には、運営歴が15年以上あるところを選ぶと安心です。運営歴が長ければ、熟練したスタッフの対応を受けられる可能性が高いからです。

 

不登校になりやすい家庭について理解しましょう

不登校になりやすい家庭について理解しましょう

子どもが不登校になりやすい家庭の特徴は、以下のとおりです。

    不登校になりやすい家庭の特徴

  • 経済的安定性と不安定性
  • 家庭内でのコミュニケーション不足
  • スマートフォンやゲーム依存
  • 生活リズムの不規則さ
  • 極端な放任
  • 過剰な干渉
  • 両親の仲が悪い
  • 家庭環境の急激な変化

また、不登校になりやすい親の性格の特徴は、以下のとおりです。

    不登校になりやすい親の性格の特徴

  • 完ぺき主義
  • ストレスを抱えやすい
  • 感情的に不安定
  • 共感力が低い
  • 利己的な考え

これらに該当していないかチェックして改善しましょう。また、以下をおこなうことで、子どもの不登校を予防しやすくなります。

    改善方法

  • 家庭を安全な場にする
  • 子どもと会話をする
  • 学校との連携の重要性
  • 心理カウンセリングとサポート
  • 地域社会や団体の活用

一度にすべておこなうのは難しいため、子どもの様子も確認しながら、少しずつ安全な家庭を作っていきましょう。

 

もしも現在、子どもの不登校にお悩みなら、全国フリースクール 伊藤幸弘塾をご活用ください。

男女別寮完備のフリースクールで、不登校解決を目指します。15年以上運営しており、これまでに約900軒以上の家庭を幸せにしています。

まずはLINEからご相談ください。初回相談は無料です。

塾長佐野の書籍をプレゼントしています。