中学生の不登校は、何が原因で起こるのでしょう。

この記事では、中学生の不登校の定義やその割合、具体的な原因と影響について詳しく解説します。

また、不登校になりそうな初期のサインに気づくためのポイントや、実際に不登校になった際の対応方法、親としてできるサポート方法についても紹介。

不登校による高校進学への影響や、避けるべきNG行動についてもお伝えします。

中学生の不登校の原因について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

中学生の不登校の定義と割合

中学生の不登校の定義と割合

中学生の不登校は、現代の日本社会において深刻な問題となっています。

この章では、中学生の不登校の定義とその割合について詳しく説明します。

  • 中学生の不登校の定義
  • 中学生の不登校の割合

ぜひ参考にしてください。

 

中学生の不登校の定義

中学生の不登校の定義を覚えておきましょう。

文部科学省は不登校を以下のように定義しています。

「不登校児童生徒」とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの

引用元:文部科学省 不登校の現状に関する認識

つまり、「病気や貧困以外の理由で学校に年間30日以上欠席している人」が不登校の子ども、ということになります。

 

中学生の不登校の割合

不登校の中学生の割合は年々増加傾向にあります。文部科学省の発表では、全国で約19万人(193,936人)の中学生が不登校状態にあると報告されています。

これは、中学生全体の5.98%にもなる数字です。つまり、中学生の生徒の100人のうち、約6人は不登校の生徒がいるという状態になっています。不登校は身近な問題といえるでしょう。

参考:令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果

小学生の不登校の生徒の人数は約10万人(105,112人)のため、中学生は小学生の約2倍も不登校になりやすいといえます。これは、小学生よりも中学生のほうが環境の変化や本人の変化が大きいからでしょう。

中学生の不登校の主な原因は、次の章で紹介します。

 

中学生の不登校の主な原因

中学生の不登校の主な原因

不登校の原因は複数の要因が絡み合っていることが多く、一概には言えませんが、大きく分けて以下の3つに分類できます。

  • 学校の問題
  • 家庭環境の問題
  • 本人の問題

それぞれの原因について詳しく見ていきます。

 

学校の問題

学校の問題が不登校の原因となる場合、教師やクラスメートとの人間関係が大きな影響を与えることが多いです。たとえば、いじめや仲間外れ、授業についていけない、先生との相性が悪い場合などが挙げられます。また、進学に対する不安も原因の一つです。

多くの生徒が、学業成績やスポーツ、部活動などで高い成果を求められる中、そのプレッシャーに耐えきれず登校を避けることがあります。

さらに、学校自体の環境や雰囲気も重要で、厳しい規則やルールが生徒にストレスを与えることもあります。

 

家庭環境の問題

家庭環境の問題も重要な要因として挙げられます。経済的困難や両親の不仲などが不登校の原因になることがあります。また、親の過干渉、逆に無関心も子どもにとって大きなストレスとなります。

特に、親が子どもに対して完ぺき主義すぎる場合、そのプレッシャーが子どもの心に重くのしかかります。家庭内でのコミュニケーション不足もまた、子どもが学校に通うことを困難にする要因の一つです。

不登校になりやすい家庭や親の性格の特徴については、以下の記事でまとめているので、参考にしてください。

 

本人の問題

本人の問題としては、精神的な健康状態や性格的な特性が関与していることが多いです。たとえば無気力な場合、学校に通うことが非常に困難になることがあります。

また、自己肯定感が低い、生きづらさを感じている、自信が持てないといった性格的な特性も不登校の要因となることがあります。

さらに、発達障害や起立性調節障害も原因として挙げられます。これらは、本人が学校の環境に適応することを難しくさせる要因です。同様に、何らかの強いトラウマや過去の経験が影響している場合もあります。

 

不登校による精神的な影響

不登校による精神的な影響

不登校は、子どもやその家族に多大な精神的影響を及ぼします。まず、不登校の子ども自身が感じる孤独感や自己嫌悪は大きなストレス源となります。

また、将来への不安や社会からの孤立感も強まり、精神的な負担が増すことが多いです。「学校へ行かないといけない」と思っているのに、行けない自分にストレスを感じるかもしれません。

特に、長期間にわたって不登校が続く場合、その精神的影響は深刻なものになります。親や兄弟姉妹もまた、心配やストレスを感じ、家庭全体の雰囲気が悪化することがあります。したがって、早期の対策やサポートが重要になります。

 

不登校による高校進学への影響

不登校による高校進学への影響

不登校は高校進学に大きな影響を及ぼしやすいです。それに伴い、進学先の選択肢が制限されることもあります。具体的には、以下の2点です。

  • 内申点
  • 学力

それぞれ解説していきます。

 

内申点

不登校が続くと、授業に出られないため内申点が低くなる恐れがあります。内申点は出席日数や授業参加、提出物などが大きく影響するため、登校できない日数が長引くほど評価が低くなります。

学校側も生徒の状況を考慮することがありますが、一定の基準を満たさない場合には厳しい評価が下されることがあります。また、特に公立高校では内申点が入試の合否に直接影響するため、不登校による内申点の低下は進学先選びに大きな影響を与えます。

内申点は内申書または調査書に記載されます。

 

学力

不登校が続くことで、学力低下が顕著になる場合があります。授業に出席できないと、教科内容をきちんと理解するのが難しくなります。特に、数学や英語など積み重ねが重要な教科では、一度学習の遅れが生じると取り戻すのが困難になることが多いです。

そのため、テスト結果も低下し、自己評価が下がるという負のスパイラルに陥ることがあります。学力の低下は進学後の学校生活にも影響を及ぼし、高校進学後も学習の遅れを感じることが懸念されます。

そのため、不登校の期間中でも家庭学習やオンライン学習などでできる限り学力維持に努めることが重要です。

 

親が気づくべき初期のサイン

親が気づくべき初期のサイン

不登校の初期には、子どもの行動や言動にいくつかの兆候が現れることがあります。たとえば朝起きるのが遅くなる、学校の話題を避ける、体調不良を訴えるなどが挙げられます。

また、好きだったことへの興味を失ったり、友達との交流を避けたりすることもサインとなります。親としては、これらのサインを早期に察知し、子どもとしっかりコミュニケーションを取ることが求められます。

 

不登校になった子どもの対応方法・親ができるサポート

登校になった子どもの対応方法・親ができるサポート

中学生が不登校になった場合、早期の対応が大切です。

具体的には、以下の方法が有効です。

  • 学校と連携する
  • 家庭の問題を解決する
  • 親子で会話をする
  • フリースクールに通学する

一度に問題を解決しようとせず、少しずつ前進することが子どもの回復につながります。

 

学校と連携する

不登校の子どもを支援するためには、学校との連携が欠かせません。まずは学校との定期的なコミュニケーションを心掛けましょう。担任の先生やスクールカウンセラーに現状を報告し、子どもの状態や心の変化について共有します。

また、学校側にもどのような支援が受けられるのかを確認し、具体的な対策を講じることが重要です。さらに、保護者会や学校行事にも積極的に参加し、他の保護者との情報交換をおこなうことで効果的なサポートがしやすくなります。

 

家庭の問題を解決する

家族の中で意識すべきは、「家庭が子どもにとって安心できる場所であること」です。家庭内の問題が原因で不登校になっている場合、それを解決することがまず第一です。たとえば、夫婦間の不仲も子どもに悪影響を及ぼすため、夫婦間の問題を解決することも求められます。

家庭が安定することで、子どもの学校に対する不安を軽減しやすくなります。

他にも不登校になりやすい家庭の特徴はあるため、対策は以下の記事を参考にしてください。

 

親子で会話をする

子どもとのコミュニケーションは、不登校から回復するためには、非常に重要です。親子で定期的に会話をし、子どもの気持ちを丁寧に聞く姿勢を持ちましょう。無理に学校の話題を持ち出すのではなく、子どもが話したいと思うトピックについて話し合うことが大切です。

また、子どもが感じている不安や悩みを理解し、一緒に解決策を見つける姿勢を見せることで、子どもも安心して心を開くことができます。家族で楽しい時間を過ごすことで、子どもの心が癒され、自信を持つことができるようになります。

 

フリースクールに通学する

再び学校生活に戻ることが難しい場合には、フリースクールへの通学を検討してみるのも一つの手です。フリースクールは一般的な学校とは異なり、子ども一人ひとりのペースで学習を進められます。

また、フリースクールでは子どもの心理的なサポートもおこなっており、対人関係や自己肯定感の向上に役立つプログラムが用意されています。フリースクールを利用することで、子どもは再び学習意欲を取り戻し、社会参加の第一歩を踏み出せます。

 

中学生が不登校になったときのNG行動

中学生が不登校になったときのNG行動

中学生が不登校になることは、親としては非常に心配なことです。しかし、その際に取る行動には注意が必要です。

不適切な対応は、子どもに逆効果をもたらすこともあります。ここでは、中学生が不登校になったときに避けるべきNG行動について説明します。

  • 無理やり学校に行かせようとする
  • 親が自分を過度に責めすぎる

適切な対応を考えるために覚えておきましょう。

 

無理やり学校に行かせようとする

子どもが不登校になった場合、親としては学校に戻すことを最優先に考えるかもしれません。しかし、無理やり学校に行かせようとする行動は避けましょう。無理やりの行動は、子どもにさらなるプレッシャーを与えるだけでなく、学校に対する恐怖感や嫌悪感を増幅させる恐れがあります。

まず、子どもがなぜ学校に行けなくなったのか、その理由を理解することが重要です。理由はさまざまで、いじめ、学業のプレッシャー、人間関係の問題、家庭内の問題などがあります。その理由を把握し、子どもの気持ちに寄り添ってあげましょう。無理に行かせるよりも、子どもの気持ちを大切にし、話を聞くことから始めてください。

親としての態度も重要です。子どもが安心して自分の気持ちを話せる環境を整えること、無理に学校に行かせるのではなく、子どものペースに合わせて一緒に解決策を探していく姿勢が大切です。

 

親が自分を過度に責めすぎる

中学生が不登校になった場合、親は自分を責めることが多いでしょう。「自分が悪かったからだ」「もっと早く気づくべきだった」といった後悔の念に駆られることがあるかもしれません。しかし、親が自分を過度に責めすぎることは、子どもにさらに悪影響を与える恐れがあります。

まず、親が自分を責めることで精神的に疲弊し、その結果、子どもに対してネガティブな態度を取ってしまうことがあります。たとえば怒りっぽくなったり、イライラしたりすることで、子どもがさらに不安を感じ、家族関係が悪化する恐れがあります。親が心身ともに健康でいることが、子どもにとっても重要です。

次に、親が自分を責めることで、子どもにも「自分のせいで親が苦しんでいる」と感じさせてしまう場合があります。これが子どもにとっては大きな負担となり、ますます心の壁を厚くしてしまうかもしれません。自分を責めるよりも、前向きな姿勢で子どものサポートを考えることが重要です。

親が自分を責めることを避けるための具体的な方法としては、まず自分の感情を正直に認めることが挙げられます。そして、感情のコントロール方法を学ぶことや、ストレスを解消する方法(趣味や運動、友人との交流など)を見つけることが役立ちます。また、同じような悩みを持つ親との交流や、専門家のアドバイスを受けることも効果的です。

 

中学生が不登校になる原因と対応方法を知っておきましょう

中学生が不登校になる原因と対応方法を覚えましょう

中学生の不登校は、学校の問題、家庭環境の問題、本人自身の問題といった多様な原因から引き起こされる複雑な現象です。その結果、精神的な影響や高校進学への影響が出ることも少なくありません。

中学生が不登校になった場合、具体的な対応方法や親のサポートには、以下のような方法があります。

    具体的な対応方法

  • 学校と連携する
  • 家庭の問題を解決する
  • 親子で会話をする
  • フリースクールに通学する

子どもが再び学ぶ意欲を取り戻すことが期待されます。

一方で、無理やり学校に行かせようとしたり、親が自分を過度に責めたりする行為は避けるべきです。それらの行動は逆効果となり、子どもの心にさらなる負担をかけます。適切なサポートと理解を持って対応することが、不登校の解決に向けた第一歩です。

親子で力を合わせ、子どもが再び笑顔で学校生活を送れるよう、努めていきましょう。この経験を通じて、家族全員が成長できる機会と捉えることも大切です。

もしも現在、子どもの不登校にお悩みなら、全国フリースクール 伊藤幸弘塾をご活用ください。

男女別寮完備のフリースクールで、不登校解決を目指します。15年以上運営しており、これまでに約900軒以上の家庭を幸せにしています。

まずはLINEからご相談ください。初回相談は無料です。

塾長佐野の書籍をプレゼントしています。