伊藤幸弘塾です。

先日のブログでご紹介した高校生団体EYFS(エイフス)。
今回はEYFS(エイフス)との初めての活動についてご紹介します。

※EYFS(エイフス)についての記事はこちら

伊藤幸弘塾「高校生団体EYFS(エイフス)の代表者講演会」

お邪魔したのは100年以上続く白石農園。

練馬区 白石農園 – 東京産アスパラガス – (shiraishi-farm.com)

 

EYFS(エイフス)立原くんが早速アポを取ってくれて、農園作業の機会をいただきました。

定員が4名だったこともあり、今回は希望者を募って意欲が特に強かった4名で参加。
実際には定員以上の希望がありましたが、次回以降で順番に参加機会をつくっていきます。

 

白石農園さんでは、農作物の栽培のほか、近所の空き地や、放置されている農場を
しっかり利活用したいとの依頼が届くことがあるそうです。
その場合、まずは空き地を整備することから始まります。

空き地の整備と言えば、草むしり。

みんなで淡々と草むしりを進めていきます。
佐野塾長も一緒に!

お次は、農家体験らしい収穫作業。
ニンジンを収穫していきます。

みんな中腰で辛そうでしたが、とても良く頑張っていました。

  

草むしりもニンジン収穫ももちろん手作業でおこなうので、みんな泥だらけ。
最初は汚れるのが嫌だと軍手を欲しがったりしていた生徒たちでしたが、作業が始まれば気になりません。
泥だらけの手と最高の笑顔。

新しい価値観は、新しい体験を通してつくられると言っても過言ではありません。

このように普段の生活ではできない体験を通して、心も体も養っていってほしいなと改めて思う1日でした。

 

EYFS(エイフス)とのタイアップ活動は今後もドンドンおこなっていく予定です!
また随時ご紹介していきます。